ロゴロゴロゴロゴロゴ
 

 

歴史 コツ

良い悪い 選び方

スタイル ポイント

ブラインド 種類

お手入れ

 

 

カーテンの歴史

そもそも、カーテンの語源というのは、ラテン語で覆うということを意味する言葉[CORTINA(コルティナ)]だとされています。現在カーテンはといいますと、窓辺に掛けるというイメージがあたりまえのようですが、昔々、そのまた昔エジプト文明の時代には、ベットまわりを覆うものとしてちょうほうされていました。あの頃には窓を覆うと言うことが無かったんでしょうね。エジプトの民を治める王様は、夜カーテンに囲まれたベットの中でのみ、自分のプライベートな時間が約束され、権力者としての計り知れない緊張から解き放たれた事だと思います。この様な習慣は、ヨーロッパでもどうやら見られたそうで、現在見られる天蓋付きベットの起源でもあるといわれています

さて、それでは、カーテンが窓を覆う物に姿を変えるのは、一体いつ頃からの事なのでしょうか?それは、中世のヨーロッパで人類の歴史にガラス窓が初めて登場する14・15世紀からになります。当時、ガラスといえばとても貴重品であった為、教会や宮殿など、ほんの一握りの裕福な貴族だけに許された超贅沢品でした。その貴重品であるガラス窓をより更に美しく装う為にカーテンを掛けるようになり、一種の階級を表すステータスシンボルの役割を果たしていたそうです。

しかし、カーテンは、ただ装飾的な面だけを引き立たせるだけでなくその機能的な面も大変重要視されていました。その当時の建物といえば、どれも石やレンガで造られた堅く冷たいものばかりでした。そのような味気ない空間に柔らかい質感のカーテンを掛けてあげる事で、親しみと安堵感、それと温もり感を醸し出す事ができ、さらにそのカーテンで暖を取る事も出来たのです。実は、カーテンにもファッションの移り変わりと同じように、それぞれの時代によって流行のカーテンスタイルがありました。

15世紀、イタリアはフィレンツェにおいて、文芸復興と言う言葉が大きく花開いたルネッサンス時代、窓はと言うと、それほど大きくはなく、カーテンはあくまでもガラス窓の存在を引き立てるための装飾品でした。窓を完全に覆ってしまうのではなく、ひだもほとんど無いようなタイプでした。17世紀になると、バロック様式なるものが流行します。時の権力者であったフランスのルイ14世の趣向が数多く反映され、光沢のある布や金糸や銀糸を織り込んだ高級感溢れる布が用いられ、派手で装飾性の高いカーテンが最ももてはやされていたようです。

次のロココ様式には、軽やかで柔らかく、それでいて繊細な曲線のデザインのカーテンが好んで採り入れられるようになりました。ナポレオン旋風が大きく吹き荒れた19世紀、古代のエジプトやローマを思わせるような古典的で荘重なアンピール様式です。この時代に今日のドレープとレースの二重掛けのカーテンスタイルの原型がようやく出来ました。上の説明から分かるように、ヨーロッパにおけるカーテンというのは時代によって実に様々な装飾が施され、時には権力を誇示する道具として用いられて、また時には人々を安らぎの空間へと誘う、人間の生活する上でなくてはならないアイテムだったのです。

さて、ヨーロッパだけでなく実は日本にも古くからカーテンの歴史があるのです、知ってました?元々湿気の強い我が国では、開放的な建築様式で、柱と柱の間は開け放たれていて、そこに御簾が掛けられている、と言う感じでした。御簾は、竹を削って極細の棒を作って、この棒を並べて絹糸でつないだと言う質素なもので、ほどよく隙間があいており、心地よい風が室内に送りこまれる日本の気候風土をよく考えた仕組みになっていました。また冬の寒い季節には防寒対策として、壁代という布製の仕切りが、御簾の内側に取り付けられました。壁代は中国から伝えられたシルクの織物が用いられました。あと衝立式になっている几帳が間仕切りとして使われており、「平安時代のベット」ともたとえられる帳台などのまわりにしつらえられていました。

どの時代でも、どの国でも安心感とプライベート性を求める欲求は共通なのですね。これらのしつらえは儀式や行事の時と普段では違っており、また四季の変化によっても衣装を替えるように、衣替えをしていたようです。ヨーロッパでは、一枚の布地で曲線を何層にも重ね上げることで、豪華さや美しさを表現するのに比べて、和の仕切りは平面は張りによって強調され、何処か凛としたすがすがしい美しさが見られます。

Valuable information

【巣鴨三浦屋】すっぽん料理、すっぽん鍋、飲むエステ・スーパーハイスープのお店へようこそ

寝具全般・座布団カバーなどインテリアファブリックの専門店【e-palette by やまね寝装】

無垢テーブルや椅子、ソフのことなら静岡の無垢家具インテリア¨フォルムス¨

アジアン雑貨&インテリアの専門店【ANGKASA -アンカサ-】

 

鏡なり

やぁ

↑心です

  (c) 2008 俺ン家のカーテン